男のDIY道

ブレーキキャリパーの清掃と完成

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>キャリパーの清掃と取り付け

掃除の留意点

キャリパーの掃除は主に歯ブラシなどのナイロンブラシとパーツクリーナです。この二つでピストンはおおよそきれいになります。
ポイントはピストンをなるべく出す事ですが、ピストンの出しすぎには注意します。

リアのブレーキキャリパー

車体から外されたブレーキキャリパーです。

ブレーキパットを押すピストンを押し出すためにブレーキのオイルラインは外さないようにし、この状態で清掃していきます。これはハーレーに限らずバイク全般に言えますね。

ピストンの押し出し

このようにブレーキを数回踏んでピストンを押し出します。

ブレーキパットの取り外し

ちなみにブレーキパットは清掃の際に邪魔になりますので外しておきます。

外し方はハーレーブレーキパットの交換を参考にしてください。

ピストンの清掃

押し出されたピストンにパーツクリーナーを吹きつけ、歯ブラシでシャコシャコ磨いてあげます。かなりキレイになるので気分爽快です。

このとき、各所のパーツも異常がないかチェックしておきます。

ピストンの押し戻し

清掃ののち、押し出したピストンを指で押し戻します。一杯まで押し戻してしまって大丈夫です。

押し戻したのち、ブレーキパットを取り付けます。グリスアップも忘れずに。

アクスルシャフト戻し

アクスルシャフトを戻します。ついでに外したパーツのチェックと清掃、グリスアップもしておきます。

キャリパー清掃完成

すべて取り付けて完成です。

取り付け直後はブレーキとブレーキディスクの隙間がかなり空いている状態で全くブレーキが利かない状態にあるので(ブレーキを踏むとスカスカする)ブレーキを固くなるまで何度も踏んでください。

※注意
このメンテナンスでブレーキの引きずりはおおよそ解消されると思いますが、まだブレーキを引きずる場合はブレーキキャリパー本体(内部)、ブレーキオイルライン、マスターシリンダー、ブレーキオイルを疑ってメンテンス、オーバーホールしてあげてください。

情報
メニュー