男のDIY道

自作リアフェンダーの部品造り

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>リアフェンダーの部品作り

リアフェンダーのカスタム最終章〜2人乗りに向けて

男のDIY道で紹介してきた某メーカーの純正リアフェンダー流用カスタム。今まで「このフェンダーは2ケツ可能ですか??」とのご質問を数多く頂きました。そういったわけで2人乗り可能である自作リアフェンダー作りをやってみました。

…実は2人乗りができるフェンダーを作ろうとT-TWINにて汎用フェンダーを頼んだのですが、送られてきた商品が違うものだった(リブなしを注文したのにリブ付きだった)、注文しなおしても同じものが送られてくる可能性が大である(V-TWINはこういったことが多い。売れ残りをさばく作戦か?)そもそも私が思い描いていた理想の形とは全く違っていた(どうみても合わない)、フェンダーが思っていたよりも薄い(むしろ自作フェンダーのほうが頑丈だった)などがあったのでこれを諦めたのです。

と、いうわけで現在のフェンダーでなんとか目的を達成しようと考えたのです!
付かなかったフェンダー

これが失敗したフェンダー。形は思っていたよりかっこいいのですが純正のフレーム形状とモジュールのボックスがどうにも合いません。DIY板金も考え実行したのですが、そんなレベルではとても合わない…これをかっこよく合わせるためにはフレーム(後ろに飛び出ている角の部分)を切ってフェンダーはスイングアームに取り付ける形にしてモジュールを収納する箱を作って…と面倒くさいのが明らかという事で、このフェンダーを買ったことを、そしてこのフェンダー自体の存在をしばらく忘れることにします。(お蔵入り)

でも形はかっこいいのでこれでフェンダー作りをいつかはやってみたいと思っています。この存在を思い出したら…ですが。

フェンダー裏の状態 width=

現在付いているフェンダーを2人乗りができるよう加工します。穴がいっぱい開いていてダサいのでまずはこの穴を埋めます。ちなみに今回は塗装するつもりです。フェンダー裏側がさびているのでペーパーをあてて錆を取っておきます。

裏板あて

埋める穴に鉄板をあてがいます。これでパテ埋めのベースができました。

金属ボンド

この裏板は溶接しようと思ったのですが、ただいまMy溶接機が出張中。取りに行くのも面倒なのでこの鉄板は金属用の強力ボンドで止めてみました。するとかなりがっちり取り付きました♪今のボンドはすごいです。

現ステー

リアフェンダーとフレームを止めているステーです。このステーはホームセンターで売っている汎用ステーなので板自体も薄く、余分な穴が開いています。なのでこれは二人乗りでも耐えることができるものに取り替えます。

新ステー

ガレージの裏から出てきたステーです。バルカンに乗っていた時にフラットフェンダーを自作していたので、その時のフェンダーステーだと思います。金属が高い昨今、貴重な資源です。ちょうど良く曲げられているので、その曲げを利用してフェンダーステーを製作します。

ステーボルト穴加工

ボール盤で穴を開けます。寸法は今まで使っていた汎用ステーから寸法取りをし、穴を開けます。

ドリルやボール盤で穴を開けるときのコツは最初から大きなキリを使って穴を開けずに徐々に大きくしていく事です。最初は1ミリ〜3ミリ程度、次に1.5ミリ〜2ミリ程度多きいキリを・・・といった感じで空けたい穴の大きさに合わせて数回刃を替えます。ここでは8ミリの穴を空けたのですが、3、4.5、6、8と段階をふんでいます。また、刃の切れ具合で能率がかなり変わるので、ドリルの刃は良いものを使うようにしたいです。

ステー切り出し

穴を開け終わったら次にフェンダーステーの長さを切り出します。先にボール盤で穴を開けたのは、万力に部品を挟む際により安定した作業ができるようにするためです。ボール盤ではなくドリルで錐もみする場合は特に大事な事なので先に穴を開け、そのあと長さを切るようにします。短くなると掴みにくいですからね。

ちなみに写真ではグラインダーを素手で持っていますが、これはかなり男のDIY作業です。(熱いし危険です)軍手などを使うと安全ですが、軍手のほうが巻き込まれなどの怪我の元になると言う人もいますのでどちらが正しいかわかりませんが、軍手などの手袋を使ったほうが安全だと思います。その際はサイズがきちんと合ったものを。

ステー切り出し完了

切り出したフェンダーステーです。まだ切りっぱなしの荒々しいままなので面取りをして滑らかにします。面取りもグラインダーで行うのですが、切る刃と研磨の刃は違うので必ず付け替えるようにします。

面取りステー完成 グラインダーで面取りをして表面を削ったところです。これでフェンダーステーは完成となります。
情報
メニュー