男のDIY道

キャブの取り外しと分解

男のDIY道ホーム>キャブの取り外し

エンジンの復活に向け、吸気系の整備とオーバーホール

キャブの整備・清掃・調整をしていきます。不動になる前までのセッティングはそこそこ良好だったので、セッティングに関してはあまり狂っていないはずなので今回は清掃と部品の消耗度のチェックにポイントをおきます。

整備をしたらセッティングが狂った…となれば、今まではジェットなどが詰まっていたりして、逆にそれがいい原因としてセッティングが出ていたんだ…と割り切る事にします。まぁそんなことは無いと思いますが…

キャブ

車体右側の表面のボックスを外すとキャブが見えました。
次はこれを外しにかかります。スティードの場合、エンジン一つに対し、キャブ一つという方式です。

エアクリーナーとエアクリーナーのダクトの位置関係は、エアクリーナー自体はエンジンのVの間にオフセットされてはいますが、そこからキャブにエアーを流入しているのではなく、ダクトが車体前方に一度伸び、車体の前方向から後ろに(キャブに向かって)流れるというちょっと独特な取り回しです。
ちょうどメインフレームの下にあるのでキャブの取り外しが結構メンドクサイです。

キャブアップ

車体左からです。スロットルケーブルがあるのが分かると思います。
これをまずは外さなくてはなりません。キャブ外しはちょっとずつ…そして的確にキャブに繋がるケーブル・ホースを外していくことが大事です。
どれがどこについていたのか忘れてもいいようにこまめに写真を撮っておくと後々役に立ちます。

このスロットルケーブルを取り外すにはグリップをまず取らなければなりません。

アクセルワイヤーの取り外し

スロットルケーブルを外す為にグリップ&ハウジングをハンドルから外します。これはハウジングのネジ(大抵はプラスネジの2点止め)を緩めれば
ごそ!っとグリップごと取れます。
そしてハウジングを開けてケーブル類を取り出します。これでケーブルがフリーになり、キャブ側のスロットルケーブルが取れるわけです。

ホース類取り外し

次にキャブとキャブを止めているネジやホース類、エアクリーナーダクトからキャブを外していきます。この順番は臨機応変に手前側から奥へ外しやすい所から外していくようにします。

外した部品にマーキング

”外したネジは部品に仮止めしておく”又は、”テープで止めておく”
がパーツを無くさない極意ですが、どうしてもそうはできないところがあります。
そんな時は写真のようにテープに名前を書いて部品を包んで保管しておくようにしましょう。初めてバラす車種なら、なおさらの事なので常に保管には気を配りましょう。

キャブ分解のコツ ホース類の接合状況も写真に収めておきます。後から「あれー?これってどこに繋がってたっけ??」なんて事は必ず一回はあります…
私もココまででかなりの枚数を撮っています。
1つ目キャブ取り外し完了

キャブが一つ取れました。う〜ん…正直スティードはメンドクサイ!でもアメリカンはそれでも簡単なほうですね…
次に左側の後ろのエンジン側のキャブを取り外していきたいと思います。。

情報

車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)

メニュー

バイクのレストアトップへ戻る

キャブの取り外しと清掃へ進む

男のDIY道トップページへ戻る