男のDIY道

キャブのオーバーホール

男のDIY道ホーム>キャブのオーバーホール

概要

オーバーホールと言うと難しく考えがちですが、大概の場合は分解して清掃すれば復活する場合が多いので敬遠せずに整備を行いたいところです。

特にジェット類の詰まりは不調の原因となりやすいので念入りにチェックし(ジェットの詰まりは目に見えないような微かなものでも不調をきたします)、悪いと感じたら即交換くらいの心構えでいたいです。
キャブの種類は社外品などの特殊なものを除けばかなり限られていますので、ジェットはど車種でもバイクショップやディーラーで簡単に手に入ります。
本体取り外し完了

さて、二つめも無事に外れました。
ちなみにエンジンとキャブを繋いでいるゴムが硬いのでなかなかキャブレターが外れにくいのですが、”グジグジ”といった感じで動かしているとちょっとずつ外れていきます。(ネジも充分緩めておきます)

スティードのキャブ

車体から外したキャブ×2つです。
これをバラシてフロート室、ジェット類、ニードルなど全てを洗浄し、あまりにも悪い部品は交換し、オーバーホールしていきます。

フロート室を空ける

まずはフロート室の蓋を開けます。ここにメイン・スロージェットがあります。
また、フロート室はキャブ下部になるのでサビが溜まりやすい所です。

フロート室様子

開けてビックリ!!なんとフロート室がキレイな緑色に!!
エメラルドグリーンです!まるで宝石の輝きです!
このキャブは後方エンジンのキャブで、エンジンの調子があまり良くなかったのできっとこの物体が原因でしょう。サビも”どうよこれ?”と言わんばかり詰まっていました。さらにジェット類はほとんど詰まった状態で、かすかにガソリンが通るくらいでした。
部品自体の痛みはほとんど見られなかったので部品は全てこのまま使うことになりそうです。

キャブの整備

ジェット類はキャブクリーナーにつけ置きにし、あとはキャブクリーナーを吹き付けて歯ブラシでシャコシャコ磨いてやりました。
その他、動きのあるパーツに関して動きのチェックをし、動きの悪いものについては徹底清掃&必要に応じてちょこっとペーパー当て(ほんとにちょこっとです。やりすぎるとスキマができたり機関に異常をもたらすので)をしてオーバーホールを進めていきます。

この時ついでにプラグの色を見てキャブ調整をしておくとなお良いです。メインとスロー、ニードルジェット類を調整していきます。調整の場合はキャブが二つあるので左右のキャブの調整バランスを考えて作業します。
4発マシンではエンジンごとの状態がまちまちなので調整が大変みたいですね〜

漬け置き洗い

しばらく付け置き洗いです。
ちなみにパッキン類はクリーナーの液で痛みますので外しておきます。できればパッキンは交換したほうが良いのですが、お金をかけたくないのでそのままの方向で。

しかし、バイクはやっぱりフレームだけのほうがかっこいいなぁ〜
フロントフォークも長さがより一層強調されますねぇ(これは実際かなり長いです)

情報

車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)

メニュー

キャブの取り外しへ戻る

マフラーの交換へ進む

男のDIY道トップページへ戻る