男のDIY道

マフラーをノーマルに戻す

男のDIY道ホーム>マフラーの交換

概要

車検を取るためにはドラッグマフラーをノーマルに戻す必要があります。
これは決して”ノーマルマフラーでなければ通らない”という事では無いのですが、ノーマルがあるのであれば交換するのが無難です。

カスタムマフラーで車検を取りたい場合は消音器(排ガス規制のある車両では触媒など)を加工したり作ったしなければなりません。

マフラー交換前

マフラーをノーマルに戻す作業を進めていきます。
まずは現状のカスタムマフラーを外します。

エンジン取り付け部拡大

まずはマフラーの根元です。ここが2本のナットで止まっていますのでコレを緩めます。(まだ外しません)

ステー部

次にエンド部分にもマフラーを止めているボルトがありますのでこちらも緩めておきます。コレを緩めてから上記写真の部分のナットを外していきます。

工具使用

マフラー根元の取り付け部は入り組んでいますし、マフラーのパイプ自体が邪魔をして工具が入り難いのでユニバーサルジョイントを使用して(自由に首が振れるジョイントです)回していきます。
ボルト類を緩めていく時は必ず留めているネジ、ボルトは同時に緩めましょう。一つだけに集中してはだめですょ!

レンチ二本掛け

大分放置してあった車両なので、ナットが固着しています。
こんな時は潤滑油をさしてしばらく放置し、なじませた後に緩めれば大概緩みます。
それでも駄目な場合はナットを叩くなど衝撃を与えてあげます。
が、この場合あまりにも固く緩まなかったので最終兵器”レンチ2本掛け”で対応しました。

こうする事によって工具自体の支点から力点の距離が稼げ、トルクをかけやすいので固くなったネジも比較的簡単に緩められます。
しかし、この使い方は工具を傷めやすいので本当の最終手段と考えて下さい。

マフラーガスケット マフラーにはこのような排気漏れを防ぐ為のパッキン(ガスケット)があります。
これは交換毎に変えるのが普通とされていますので変えておいたほうが無難です。バイクパーツショップ、ディーラーなどで売っています。
ノーマルマフラー装着後

後は外した手順の逆で取り付けをすればOKです。
写真はノーマルマフラーに換え終わりました。

次はサスペンションの交換です。

情報

車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)

メニュー

キャブのオーバーホールへ戻る

サスペンションの交換へ進む

男のDIY道トップページへ戻る