男のDIY道

サスペンションの交換:取り外し

男のDIY道ホーム>サスペンションの取り外し

概要

現在のこの車両にはリジットサス(厳密にいえばサスではないです。ただのスチール棒ですから…)が付いています。
これも車検が通るものでは無いのでノーマルに交換しなければなりません。スティードの場合はシート下にサスペンションがオフセットされる構造なので、シート下およびサイドカバーが付いているところからの作業となります。

サスペンション取り付け位置

サスの交換です。現状はリジットサス、つまり、サスペンション機構を全く持たないただの鉄の棒がついている状態です。
写真工具で指している灰色の部品がリジットサスです。スティードはシート下に斜めに入っています。

固定ボルト位置

サスを留めているボルトはシート下のサイドカバーを外したこの位置にあります。

固定ボルト詳細

下側はフェンダー裏側のタイヤハウス内にあります。この二つのボルトを外すとサスペンションは取れます。難しいことはありませんがナットが固着している場合がありますので、そこは気合で乗り切ります。

フラットフェンダー取り外し

さて、ナットを緩める為にフラットフェンダーが邪魔なので取ってしまいます。車検はフラットフェンダーではなくファットボブフェンダーで通すつもりなのでフェンダーも後々交換します。

ボルトの取り外し

ボルトを外す際にもユニバーサルジョイントは大活躍します。

サスペンションの取り出し サスを留めているネジを外し、リジットサスを取り出します。
ボルトを取る時、サスを外す際は必ずジャッキアップしましょう。ジャッキアップせずに作業を行うと、サスを外した際に車高がドンとおちてケガをする&車体を倒してしまう恐れがあります。
サスを留めているボルトを抜く際に、固くて抜けないようでしたらジャッキを上げ下げして、ボルトに掛かっている荷重を逃がしてあげると以外にあっさり外れます。ボルトに相当な力がかかっているんですね。
ノーマルショックとリジットサス

右がリジットサス、左がノーマルサスペンションです。

情報

車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)

メニュー

マフラー交換へ戻る

サスの交換その2へ進む

男のDIY道トップページへ戻る