男のDIY道

オイルとオイルフィルターの交換

男のDIY道ホーム>オイル交換

概要

レストアもいよいよ終盤に近づいてきました。エンジンをかけて調子を見るためにオイルとオイルフィルターの交換をしていきます。

オイルフィルター位置

エンジンをかけてみる前にずっとほったらかしにしてあったオイルの交換をしていきたいと思います。今回は同時にオイルフィルターの交換もしていきたいと思います。
スティードのオイルフィルターの位置は車体真下後方にありますので、車体を下からのぞけば分かります。

オイルドレンボルト

スティードのオイルドレンボルトは車体下前方にあります。
(車体を前から見て右側、下向きではなく横向きに刺さっているボルトです)

フィルターのレンチ

オイルフィルター交換で使用するフィルタとフィルターレンチです。
フィルターをはずす際&取り付け時にはフィルター専用レンチ(工具)が必要になりますので、レンチは必ず購入しましょう。

フィルターと格闘

が、フィルターレンチを使っても固着&固く締めすぎで外れなかったので結局ドライバーをフィルターにぶっ刺して無理矢理回しました…誰だよこんな固く締めた奴は…
と文句を言いながら30分ほどフィルターとにらめっこ。

写真はその格闘の後です。
フィルターの閉め具合はハーレーの項でも説明したとおり
”手で閉めてそこからレンチで軽く締める程度”
で十分です。結構なトルクをかけて締める人を見かけますが、そこまで締め込む必要はありません。

フィルターにオイル注入 使用するオイルはカストロールSPツーリング10W-40Wです。
通常よりもちょっと硬めのオイルをチョイスしました。理由としてはこれから夏だし、さらにはオーナーが常に高回転で回して運転するということで。
パッキンにオイルを塗る いつもの如く、オイルフィルターに8〜9割ほどオイルを満たし、ゴムパッキン部分にオイルをぬりぬりします。フィルター取り付けの際はオイルがこぼれてきますので、なるべくオイルがこぼれないように手早く取り付け作業をします。
ドレンボルト処理

オイルドレンボルトには写真のようにシールテープを巻いておけば完璧です。私はドレンボルトに常にシールテープを巻くようにしています。

あとはオイルを規定量入れてオイル交換は終わりです。
ちなみにスティードのオイル交換に使ったオイル量は1L缶2本弱です。

ここまでで…
レストア作業は順調に進み、エンジンも好調を取り戻したところでオーナーさんの意向によりバイクレストア作業は中断となりました。
作業を楽しみにしていてくださった皆様すみません…疑問、ご質問があれば当管理人までメールをいただければお答えできる範囲ではありますがお答えさせていただきますm(_ _)m
またこのようなレストア作業があり次第アップしますのでお楽しみに!!

報告までですが
ここから先はハンドル交換、フォークのレストアをして車検場に持っていくだけの形にはしました。
関連として→ユーザー車検のコツはコチラ

情報

車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)

メニュー

溶接・フェンダーの取り付け、配線加工へ戻る

男のDIY道トップページへ戻る