男のDIY道

ユーザー車検の書類

男のDIY道ホーム>書類と検査ラインに入るまで

概要

軽自動車のユーザー車検にチャレンジしてみます。今回は友人の車の車検を通します。(通すのは本人です)軽自動車の検査はバイクより簡単です。

ユーザー車検の利点としては安い、車に愛情が沸くなどが挙げられますが、大部分の方が前者の”安い”だと思います。
ただ、注意してもらいたいのは安く済ませればいいだけではないという事です。点検・整備はきちんと行う必要があります。

車検は『法に適合している車両かどうかのチェック』をする行為を言います。つまり最低限のチェックしかしないので故障箇所の発見・車両の現在の状態を把握するものではありません。

よって車検に通す前に車両の整備は必要不可欠となります。必ずしも整備工場での整備を必要とはしませんが、最低限自分の目では確認しましょう。

点検・整備する場所は、整備手帳にある点検・整備項目が基本事項ですので、とりあえず整備手帳の項目を点検・整備を行えばよいです。一般的に新車購入で1回目の車検は、ほぼ点検だけで大丈夫とはいいますが、この項目のチェックは一通りしておきましょう。なお、光軸は必ずずれるものなので光軸の調整は整備工場にて調整をお願いしましょう。

書類の準備

検査を受けるためには書類を準備しなくてはなりません。この書類は検査場にて揃える事ができるので事前に準備する必要はないですが、事前に書類を購入し、記入まで済ませておけばよりベターです。
なお、自賠責保険に関しては事前に入っておく(自賠責保険の更新)必要がありますので忘れずに行いましょう。自賠責保険の更新は整備工場、保険屋さん、コンビニ(扱っていないところもある)などに行けばできます。

軽自動車検査場

これが軽自働車の車検場(軽自動車検査協会)です。(浜松市)
一般的に軽自動車と普通自働車では車検場の場所が違うので注意が必要です。
今回は軽自動車なので軽自動車検査協会へ。

ちなみにバイクの場合は普通車の自動車検査場なのでこれも注意!

車検対象車両

今回ユーザー車検をする車です。
スズキのバンです。
ノーマル車なので特に問題はない車です。

ちなみにバンはタイヤがバン専用のタイヤでないとダメ(プライタイヤなどと呼ばれます)なので,、バン専用タイヤを履きましょう。

場内案内看板

検査場(車検場)には案内看板があります。
まずはこれを見ておおよその流れを把握しておきます。

まずは建物の中に入って”総合案内”の場所へ行き「ユーザー車検なんですけど…」と話を進めましょう。
「まず○○番へ行って税金を納め…」
と順序を教えてもらえます。

重量税納付書

総合案内で記入書類をもらえます。(もらえなかった場合は各窓口でもらえます)
この書類にはお金がかかります(とは言っても2枚で50円未満です。正確な値段は忘れました…)

記入参考のサンプルがあるので、それに習って必要事項を記入するだけです。
コチラの書類は『自働車重量税納付書』です。

継続検査申請書

継続検査申請書
も同時に記入しておきましょう。こちらも記入参考例があるのでそれに習って記入します。これも特に専門知識はいりません(´▽`*)

これらの書類の提出順序は
自働車重量税の納付→継続検査手数料納付
となります。

全ての納付が終わったら申請書受付窓口へ行き申請書を提出し、そこで検査票をもらいその後、検査ラインに並びます。

検査ライン

検査ライン入り口です。

1コース2コースとありますが浜松市の軽自動車検査場の場合は2コースのラインは”マルチライン”と書いてあります。

マルチラインは何がマルチかさっぱり理解できませんでしたが(ラインの設備は2コースのほうが良かったです)4輪駆動車の場合は必ずコチラに並んでくださいとの事。(ラインの機構が違います)4輪駆動車の場合は検査ラインに入る前に検査場にいる検査員に必ず聞いておいてください。

初めての方は、ラインに並ぶ前に他の人の作業を見てどうやって検査しているかを下見しておきます。初めてでそのままラインに並んで作業をしようとするとなにがなんだかわかりませんし、トロトロしていると後ろの人と喧嘩になる場合もあります。
ちなみにユーザー車検だからどのラインに入るかなどの決まりはありません。

検査ライン場内

検査場内です。
検査ラインに入る前に検査員の車両チェックがあります。(目視によるウィンカーの点滅、テールランプの点灯、ホーンが鳴るかなどの検査)
この際に検査員に(ユーザー車検で初めてなんですけど…)と伝えてください。検査ラインが空いていれば検査員が付いて手順を教えてくれます。

この検査ラインの検査を全て合格すると晴れて新しい車検証の交付がされます。合格した時の気持ちと言ったら・・・・格別です(´▽`*)
受験の時のあの合格した喜びを思い出します。
この歳になってあの感触は感動モノです。

ここまで書類の手続き・ラインに入るまでをご説明しました。次のページでは検査ラインでの検査の受け方(検査を受ける項目)と、ユーザー車検では金額がいくらかかるか、車検に必要な書類等のご説明してまいります。
情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
検査ラインでの検査の受け方へ進む

バイクのユーザー車検はコチラ
男のDIY道トップページへ戻る